【PUBG】iniファイル(設定ファイル)をイジっているそこの君!これからはアウトだぞ!【アップデート】

スポンサードリンク







先日新武器や天候等を導入するアップデートが配信された『PlayerUnknown’s Battlegrounds』ですが、本日開発元の”Bluehole”がテストサーバ向けに小規模なWeek 26パッチを配信しました。
そこで、幾つかの改善と修正を導入されたのでご紹介します。

☆Week 26のアップデート内容

  • UI,UX
  • ・ワールドマップのヘルプ項目にキャラクターの現在地をマークする方法を追加(デフォルトは”Insert”キーに設定)

  • 今回のアプデで修正済みのバグ
  • ・Tommy Gunにアングルドフォアグリップが取り付け可能だったバグ

    ・建築物のロケーションに関するグラフィックのバグ

    ・運転席で回復やブーストアイテムを使用した際のアニメーションに関するバグ

    ・キャラクターがリロード中に気絶した際、プレイヤーのリロードが中断されなかったバグ

    ・キャラクターがグレネードを保持中にダウンした場合コックオフしていないグレネードが爆発する可能性があったバグ

    ・グラフィック設定のアンチエイリアシングを【低】もしくは【非常に低い】に設定し、スコープを覗き込んだ際に黒いボックスのテクスチャが出現するバグ

    その他

    iniファイル(設定ファイル)を編集し、設定画面で設定変更できない箇所を変更する行為を禁止
    ※これまでは一つのキーに複数のアクションを設定したり、霧を消したりする行為が目立ちましたがこれからは全て規約違反となります。

    俺しらべ管理人
    さすがに対戦ゲームで有利になるようにファイルを弄っちゃうのはアウトだよね

    スポンサードリンク







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です