中国であんなに大人気だったiPhoneが今では売れない!その理由とは・・・

中国国内では、かつて大人気だったiPhoneが今では中々売れていないようです。それはなぜか?

iPhoneが中国で販売が開始されたのは第2世代の3Gからです。
その当時は、中国人にとってはiPhoneは使い勝手が悪く、さらに値段も高かったので手が出し辛い状況でした。
大卒の初任給が5万程ですから、iPhoneなんてとてもじゃないですが買えないですよね。

ただし、もちろんiPhoneを購入できる人達も多数いるのですからiPhoneが中国国内で流行し始めます。
それに伴い中国国内のスマホメーカーも急成長しだします。

消費者にとってもスマホメーカーにとってもスマホ=iPhoneという認識ですから、
どのスマホメーカーもiPhoneに寄せて商品を開発します。
買う側もiPhoneが欲しいが高いので、iPhoneっぽさを求めてiPhoneに似た安いスマートフォンで満足せざるを得ません。


その結果、iPhoneのブランド力が上昇し、本物のiPhoneを持つ人は羨ましがられるという構造が生まれてiPhoneは一種のステータスになりました。

それ程までに、中国で価値を築いたiPhoneですが近年は売れなくなったと聞きます。

その理由は、
『みんな持っているから』

今まではiPhoneを持っているのがステータスになってたのですが、
みんながみんな持っていると『iPhoneを持っている自分』が目立たなくなります。

つまり、目立つための道具としての価値がiPhoneには無くなってしまったのが
売れなくなってしまった原因だと言います。

では次に中国人が選ぶスマートフォンとはなんなのでしょうか。

ずばり、
『Android』です。

現在中国で発売されているAndroidには、中国人にとってとても使いやすい仕様のものが増えています。
例えば、SNSアプリのアカウントを複数同時に起動できたりします。
これは、中国人は仕事用とプライベート用でアカウントを分ける人が非常に多いためです。

ステータスを意識してiPhoneを買ってたのに、そのiPhoneに求める価値が無くなってしまったら、
次に選ばれるものは自分にとって使いやすいスマートフォンなのは必然でしょう。

トレざわ
お前とうとうゲームに関係ない記事書きやがったな
俺しらべ管理人
これまでもちょいちょいゲームと関係ない記事書いてるから許してっ!
  • 謎の新キャラ、トレざわについては以下の記事を読めば分かるよ!
  • ゲーム配信サイト【Twitch】で『PUBG』をプレイするだけで52万円をGETするゲーマーが現る

    2017年9月11日

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です